韓国大統領選挙の結果について

私は韓国国籍でもないし、血縁者に韓国人もいないのだが、韓国大統領選挙の感想を述べておく。

今回の選挙、当選したのは野党「国民の力」の尹錫悦さんである。私は正直言ってどちらも好きではないが、李在明さんの方がマシだと思っていたので残念である。

ではなぜ李在明さんの方が良いと思ったのか。

1.対北朝鮮政策

 尹錫悦さんは非常に攻撃的だ。北朝鮮に対して先制攻撃を行うことも視野に入れているからである。正直言ってあまりにも危険すぎる。戦いが再開されれば、核使用の危険性がある。李在明さんのように、対話によって解決することを目指すしかない。

2.女性家族省政策

尹錫悦さんは、女性家族省を廃止すると宣言しており、これは儒教的家父長制が根強く残る韓国社会にとってジェンダー平等から大きく後退する政策である。韓国では、ジェンダーの不平等によって多くの人が苦しんでいるという。

 現政権の政権運営を私は必ずしも支持するわけではない。特に、検察問題については強引さが際立っているように感じる。李在明さんの倫理的問題もある(尹さんもあるのでお互い様であるが)。しかし、北朝鮮を刺激し、戦争再開になったらどうするのか。家庭の中で苦しんでいる人たちはどうなるのか。李在明さんの方がマシだと思ったのはこういった理由からである。

よって、今回の結果は残念である。

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。